トップ > 注文住宅 > マル秘ガイドブック
マル秘ガイドブック マル秘ガイドブック

マル秘ガイドブック マル秘ガイドブック

MODEL HOUSE MODEL HOUSE

床下の湿気被害 目に見えない落とし穴

  • 01フローリング床の強度低下

    ぶよぶよの原因は床下の湿気

    写真は築30年の住宅。床板がところどころ剥がれて波打ち、歩くとグニャリとします。床板を剥がしてみたところ、原因は湿気だとわかりました。しかも、土台の上に渡すはずの大引(おおびき)も入っていないという手抜き工事が露見しました。

    • ▲剥がれ波打つフローリング床

    • ▲原因は湿気と判明

  • 02浴室のタイル張り浴槽

    見えない亀裂から土台が腐食

    浴室のタイルは、築5~10年で見えない亀裂が入るもの。そこから水がが漏れると、土台や柱が湿気を含み、シロアリや腐食などの被害を招くことになります。更に悪化すると柱が下がり、建物が傾くこともあります。

    • ▲経年劣化で亀裂が入る

    • ▲湿気が多いと腐食の原因に

03床下湿気被害のメカニズム

地面から上がる湿気は土台や床板を腐食させ、さらに床材が合板の場合は接着剤を溶かして剥離させます。また浴室タイルの亀裂からは水が漏れ、さらに逃げた暖気が外部の冷気と壁内でぶつかって結露が生まれ、土台や柱を腐食させます。
対策には、まず土の上に防湿シートを敷き詰め、湿気が上に上がらないようにします。風通しの悪いところは竹炭などで調湿し、土台には湿気に強いヒバを採用。また壁内には断熱材を入れて、浴室の暖気と屋外の冷気をしっかりと遮断し、結露を防ぎます。

  • Before
  • After

04正しい施工方法で湿気対策

手抜き工事をしないことは当たり前ですが、床下の湿気に対しては、3段階で徹底的な対策をとっています。

  • 防湿シート

    地面から湿気が上がらないようにシートをすき間なく敷き詰めます。湿気のないところなら、カビや木を腐らせる菌が繁殖する恐れもありません。またシロアリが寄ってくることもありません。

  • 床下竹炭

    1000度以上で焼いた竹炭を床下に敷きます。竹炭は、一般的な木炭に比べて調湿性、消臭性、殺菌作用にすぐれ、高温で焼くことでいっそう調湿効果が高まります。さらにホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物を吸着分解します。

  • 天然ヒバ土台

    土台には樹齢約1000年の天然ヒバを使用。硬く丈夫で柱のくい込みを抑えます。また、ヒバは水分を含むと、ヒノキチオールと呼ばれる強い香りを発します。ヒノキチオールとは殺菌・防虫効果のある物質のことで、ヒバに多量に含まれています。

壁内結露の被害 目に見えない落とし穴

  • 01壁内のカビ

    シロアリの被害にあった家を調べると、いたるところで木が腐っていました。断熱材もカビ、土台が柱にくい込み、家は傾いています。壁内の通気層が不完全で起きた内部結露が原因です。

  • 02断熱材の劣化

    暖房器具を新しくしても耐え切れないほど寒い家は、壁内を調べると断熱材に問題あり。グラスウールが湿気で縮んでしまっていました。特に筋交いまわりはカットして入れるため、注意が必要です。

  • 03老朽化した外壁

    外壁の欠けや剥がれが目立ち、壁を剥がしてみると内側が腐っていました。壁内が完全に密閉されていたために湿気がこもり、その湿気が内側だけでなく外側にも影響を及ぼした結果です。

  • 04腐った柱

    外壁の傷みの原因を調べたところ、外壁ではなく壁内に原因がありました。高気密住宅にもかかわらず通気層がなく内部結露が生じ、外壁や骨組を傷めていました。柱の腐食も進んでしまっていました。

05壁内結露被害のメカニズム

結露は、室内の暖気と屋外の冷気がぶつかる壁内で発生します。壁内に通気層が取られていない場合は湿気の逃げ道がないため、こもって断熱材を湿らせます。すると断熱性能は低下し、さらにカビや腐朽菌を繁殖させて木を腐らせます。
湿気に強い断熱材(吹付硬質ウレタンフォーム)をすき間なく充填して暖気と冷気がぶつかり合うのを防ぎ、結露の発生を阻止します。さらに空気がこもらないように外壁の内側に通気層を確保して、躯体の劣化を抑えます。床にも同様に断熱材を敷き詰めます。

  • Before
  • After

06正しい施工方法で湿気対策

湿気に強い吹付硬質ウレタンなどですき間なく家全体を包み込み、加えて通気層を設け、2段階で壁内結露を対策します。

  • 吹付硬質ウレタンフォーム

    液状の原材料を壁面に吹き付け、厚さ60mmまで発泡させます。ふくらんでいく過程でわずかなすき間にも泡が入り込み、熱を逃がさない高断熱を実現します。

  • 床:押出法ポリスチレンフォーム

    断熱性・省エネ効果に優れた断熱材。
    防水性もあり、ワレ・カケ・ヒビも発生しにくい。また、難燃処理により自己消化性を持つ高性能な断熱材です。

  • 壁内:通気工法

    壁の内側に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気による躯体の劣化を抑えます。ポイントは「入口」と「出口」。通気の入り口と出口をしっかりとつくります。

強度不足の被害 目に見えない落とし穴

01強度不足の壁

築30年の住宅。現在新築する場合、柱の寸法は10.5cm角以上の大きさが必要と定められていますが、昔はそうした制限がなかったため、この物件に関しては、部分的に9cm角の柱が使われていました。それによって屋根の重さに耐えられず、柱が弓なりに反り、サッシも閉まらなくなっていました。ところが、このサッシ自体、以前リフォームした際に、明かり採りのために壁をくり抜いて付けたものでした。よく見ると耐力壁の役割も兼ねて筋交いが入っていたらしく、無残にも切断の後が見られました。

02正しい施工方法で強度対策

重さに耐え切れない場所には柱を追加。その上から、施工が早く耐震性のある面材(合板)を、壁面全体に打ち付け補強します。一般的な筋交い工法と比べ、2.5倍の強度があります。